HIDライトの概要ページです。
詳しくはPolarion社、及びMicroFire社のページから各ライトのご紹介ページをご覧下さい。

LEDライトはこちらです。
LED互換バルブはこちらです。


ハイエンドHIDライト : Polarion(ポラリオン)

 
 
 
 

 


 
特注品:米軍、NATO軍採用
Polarion社PH50D SET 5,000lumen
HID


 


 

ハイクオリティー/ハイパフォーマンスモデル
 
 
 
 

LEDライトですが大変明るいMicroFire TL2R,(写真)3モードで耐衝撃性に優れています

 
MicroFire
Warrior-III K3500 35W HID
事実上トップクラスの明るさです。

 


 







当店はご購入履歴のデジタルデータによって保証管理しております。


 
 
 

他店様ご購入のHIDライトの場合、当店のお客様にご迷惑がかかりますので修理及びパーツ供給は行いません。海外通販の場合、日本語が完璧でも店の場所等はお確かめの上でご購入下さい。


★最近「不良でない不良」が大変増えています。点灯しないというご報告で初期不良交換後にご返送されたライトが正常に点灯するというケースです。 お手数ですが点灯しないと思われたときはお手数ですが下記一度ご確認下さい。

・バッテリーが正常に装着されているか今一度ご確認下さい。ねじ込み式の場合は初期は堅めでしっかりねじ込む必用がございます。また、「+」「ー」にもご注意下さい。
接触が微妙な状態でONにしますと、バッテリー保護回路が働く可能性が高くなります。その場合は点灯しなくなりますので、一旦1〜2分間充電しリセットして再度お試し下さい。


充電池リチウムイオンバッテリーを使い切った場合、ある程度充電後保存して下さい。(充電器のLEDがグリーンに変わった時点=ほぼ満充電でも保存に問題はございません。)
・リチウムイオン充電池/リチウムポリマー充電池は完全に放電後(ライト消灯までご使用など)は多少充電して保存して下さい。
・リチウムイオン充電池/リチウムポリマー充電池、特にボディー型の組電池は3ヶ月に一回は放電(点灯)及び充電を行う様にお願い致します。
・リチウムイオン充電池/リチウムポリマー充電池(特にK3500用)は念のため、「可燃物が周辺に無い」「お子様及び人が周囲に居ない場所」、出来れば雨がかからない屋外での充電をお勧め致します。(なお、K3リチウムポリマー充電池は米国日本等に輸出している会社で製造されているそうです。)

・HIDライトらしく無い(色温度が低い、青くない)というお問い合わせもございますが、世界で最も売れている色温度は4,100-4,300K前後です。日本の自動車部品アフターマーケット品の8,000K, 10,000K等は光束が落ち、HIDライトとしてはファッション性重視の特殊なモノになります。(35Wで2,000 Bulb Lumen以下になる事も 多々有ります。)
・HID ライトは放電での発光のため多かれ少なかれ色むら、配光むらが有ります。最近のLED+オレンジピールリフの様な奇麗な配光にはなりません。
・HIDライトは効率に不利な10WでもLED以上の発光効率が有ります。また温度上昇によるバーナー(バルブ)劣化も事実上有りません。
★上のHIDライトは全て個人様又はご使用者様直接ご購入前提とした価格のHIDライトです。転売の場合は保証無効となります。(個人様のヤフオク出品、お知り合い等による所有権移転の場合はその限りではございません。その際は当店へのご連絡と次の種勇者の方への商品のご説明及をお願い致します。)
★法人様ご購入の業務用途の場合「ご利用案内」にも記載しました様に保証90日となります。
★安全にご使用になるため必ず、内容をよく読まれてご理解の上、ご購入下さい。
★法人様ご購入で見積書/納品書等書類が必用な場合は定価販売となります。当WEBショップのカート価格とは異なります。支払い条件は現金前払いのみとなっております。
商社様経由等第3者への販売(転売)の場合保証無効になります。商社様は不良対応分を想定の上事前に必用数以上ご購入下さい。商社様経由の場合事故/不良率が10倍前後となっております事が理由です。

当店はご購入履歴のデジタルデータによって保証管理しております。ご購入履歴が無い=転売等の場合は保証が無効となりますのでご注意ください。個人様のヤフオク出品、お知り合い等による所有権場合はご連絡頂ければその限りではございません。

★★HIDライトは内部で高電圧(約20,000V)を発生し放電・発光しています。電流自体は数百mA以下と通常命が危ないような電流ではありませんが、お取り扱いにはご注意下さい。お子様がHIDライトをいたずらしたり、HIDライトで遊ばないようにご注意下さい。また、雨天・水ぬれの可能性があるときには十分ご注意下さい。
★ バルブは高輝度ですので、直接見ないようにして下さい。また人間・動物の眼・顔への直接照射も眼に有害ですのでお止め下さい。直接見るとしばらく残像が残ります。
★バルブからは紫外線が出ています。ガラスレンズは紫外線遮蔽の役目もあります。レンズをを外しての点灯は、目に悪いので行わないで下さい。


★頻繁なスイッチのON/OFFはライト寿命を短くします。短時間の点灯のみでの消灯はライトの寿命を短くします。数分間は点灯する事をお勧め致します。消灯後、再点灯までは数秒間待たれる事を推奨致します。

★HIDライトは構造上衝撃によってバーナー(バルブ)及びバラスト(内部回路)が破損する事があります。お取り扱いにはご注意下さい。

★バッテリー残量が減ってくると点灯が難しくなる事が有ります。(点滅が続くなど)その場合バッテリー交換、再充電を試して下さい。また長時間使用しライト本体が暖かい間は再点灯が難しい場合があります。多少冷却すると再点灯しやすくなります。

★HIDライト垂直方向の照射に関して:MicroFireのHIDライトは上下(垂直方向)を照射しても光色が変化するだけで、すぐに破損する事は無い設計です。ただ長時間の垂直方向の照射はHIDバルブの温度上昇があり、バルブ寿命が短くなります。長時間の垂直方向の照射はお薦めで来ません。(2〜3倍消耗が早いと言われています)また点灯・消灯のスイッチ操作は水平位置で行う事が推奨されています。上向きで点灯するとバルブの負担が大きくなります。
 



 
 



















Copyrights (C) 2005 Pro Light Japan. All Rights Reserved.)