MAXTOCH M1 アップグレード : 耐衝撃性 10 m:
ホワイト:1,050 lm - 1,100 lm
コンパクトサーチライト 照射距離 1,100m
18650-3.500mAh:2本付属


 

¥13,980税込

 
 
 
   

 


★画像
クリックするとPIXが多いJPEGファイルが開きます。

*ヘッド直径49mm、コンパクトですがタイトスポットで1,100 m 先まで暗所視を保護しながら照らせるOSRAM社の1.03mm角LED使用のライトです。

*周辺光が非常に少ないので斜め/横方向に邪魔になりません。

*50%照度照射角:1.6°、全照射角度:3.1°、


* High 1,050 - 1,110 lumens

*OSRAM社データシート

耐衝撃性8メートル>10メートル落下テスト後、点灯可能

1:MAXTOCH M1 耐衝撃性強化のアップグレード版:MAXTOCH のLEDライトのコンバーターをエポキシ樹脂で充填し、耐衝撃性&耐振動性を強化したモデルです。アメリカの顧客からは耐振動性の強化依頼、当店からは耐衝撃性の強化依頼でした。

2:照射距離:High 600m(ANSI FL1), Mid 490 m, Low 205 m

3:3モード:照度3段階:600 lumens, 400 lumens, 70 lumens

4:LED : OSRAM OSTAR Projextion Compact KW CSLNM1. TG,

6:ランタイム:1時間20分、1時間40分、8時間

7:LEP Vf : Typical 2.35 V

8:コンバーター:シャットダウンが少ないタイプ組込み:
注:LEDのVfが2.8V未満の場合、2.8Vでシャットダウンします。
注:他社製バッテリーの場合、保護回路の作動電圧次第でシャットダウンします。純正以外のバッテリー使用のケースはテスト後にお使いください。

9:耐衝撃性:10m:コンクリートへの10メートル落下テスト後点灯可能

10:両面ARコート処理 強化ガラスレンズ使用、Lリング保護:L確断面シリコン樹脂で強化ガラスレンズ周囲プロテクト




ヒートシンク素材:アルミ(Al) : 99.9%
*ヒートシンク厚:4.0mm
*リフレクター集光
*Converter動作電圧:2.8 V - 4.3 V
*バッテリー:18650-3,500mAh付属(Samsungまたはパナソニック製セル):過充電、過放電、過電流保護回路付き

*サイズ:
全長:148.5mm, ヘッド径49.2mm, ボディー直径:25.4mm
*質量
:155 グラム
*防水性:IP
68 水深:2m、30分防水
耐衝撃性:
10 メートル:コンクリート面落下テスト後再点灯可能


梱包品:ライト本体、18650-3,500mAhバッテリー2本、充電器、充電ソケット用ウォールアダプター、、プラスティック・ケース、ホルスター、ランヤード


オペレーション
*ベーシック:
A : スイッチにはタップ(光が出るまでスイッを押す事)、クリック(スイッチ音がする押込)の2種類の操作があります。
B : デフォルトONはHighモードスタート
C : モード記憶機能付き(バッテリー交換/充電までモードは記憶されます。)


1:消灯からON:
* テール・スイッチのタップ(半押し)で押している間だけライトが点灯します。
*クリック(全押し)では常時点灯になります。

2:モード(照度)変更:
*OFFからテール・スイッチのタップの繰り返し:High > Mid > Lowの繰り返しで変化します。
*良い/好きなモードの時にスイッチをクリック(全押し)するとそのモードで常時点灯します。
*セレクトしたモードは記憶されます。

3:バッテリーを交換/充電するとモード記憶がリセットされます。
* デフォルトはHighスタートです。

4:照射角度調整:ボディーネック部分の回転で照射角度無段階調整。


*注意:

*絶対に光源を直接見ないで下さい。眼の損傷、恒久的な視力低下、失明の危険性が有ります
。(正午の太陽光前後の照度です。)

*絶対に人間、動物、車両等を直接照射しないで下さい。特に眼・顔面への照射は危険です。眼の損傷、恒久的な視力低下、又は失明の危険性が有ります。

*絶対にお子様、知識が無い方が触らない様に保管して下さい。





保証期間:1年保証
限定保証期間:製造中止後部品調達可能な期間中は部品代有償で修理。
修理対象外:故意的な破損/故障、改造、重大な過失、バッテリーの液漏、水没、落下

初期不良(商品到着後1週間)の場合返金又は交換致します。(送料当方負担

ホワイト・ランタイムグラフ:クリックで拡大表示
Vfが2.8V以下だとシャットダウンします。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

 






Copyrights (C) 2005 Pro Light Japan. All Rights Reserved.)